生活習慣病として知られている高血圧は、食生活の乱れ、運動不足やストレス以外に、加齢が原因で起こるとされる、日本人にとっては広く知られている疾患です。
高血圧そのものが命に関わるというよりも、高血圧の状態が長く続くことによって、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの深刻な病気にかかるリスクが高まることから、注意すべき症状とされています。
高血圧や冠動脈痙縮症、狭心症によく用いられるのがジヒドロピリジン系の薬で、アダラートにペルジピン、アムロジンやノルバスクが存在します。
これらの薬はカルシウム拮抗薬に分類され、血管壁の中で血管を収縮させてしまうカルシウムが入り込むのを食い止める働きがあり、血管を拡張させて血圧を下げる効果があります。
カルシウム拮抗薬と呼ばれる降圧剤の半減期についてですが、最近では医学の進歩により、半減期が長い降圧剤が増えています。半減期とは体内にある薬の量が代謝によって半分になるという意味です。つまり薬の量が減ることによって、その効果も減ることになります。
病院で処方される薬は長く服用する必要があり、費用がかかるのがネックですが、半減期が長いとその分持続効果が長くなり、少ない回数の服用で済み、費用が抑えられるというよさがあります。
ノルバスクは病院で入手する他に、通販で購入することもできます。個人輸入を利用すれば病院で購入するより安く手に入る可能性があり、長期にわたって服用が必要な患者にとっては有り難い存在といえます。
薬の半減期が長い上に、価格も安いというならば、海外からノルバスクを購入した方が断然お得だと思うところですが、あまりにも安いノルバスクは偽物の可能性があるため、購入の際には十分注意してください。