ノルバスクは血圧を下げるお薬です。
非常によく使われている薬であり血圧が高い方の多くは使っています。副作用はありますが。重篤な副作用になることは少ないので一日に飲む量をきちんと制限していれば問題はありません。
基本的には毎日飲むものですが、どうしても忙しかったりついうっかりして飲むのを忘れしまうことがあります。
その場合にはどうすればいいのでしょうか。
薬によって対応の仕方が違いますが、実はノルバスクの場合は一日程度なら飲み忘れても問題はありません。
飲み忘れたからといって急激に血圧が上昇するということはないのです。
もしも忘れたときには次の日にいつもと同じ時間にノルバスクを飲むようにしてください。
決して忘れたからといって二回分飲むようなことはしてはいけません。
血圧を下げる薬というのは一歩間違えてしまうとかなり低血圧を起こしてしまいます。そうなるとめまいを起こしたりふらふらしてしまうこともあるのです。
一日忘れてどうすればいいのかわからない場合にはとりあえず医師に相談するようにしましょう。
一日くらい忘れて問題が無いというのでしたら二日に一度くらいの頻度でもいいのではと思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。
もしも勝手に飲む頻度を少なくしてしまうと薬の効き目が少なくなってしまいます。その結果血圧が上昇してしまうのです。
勝手に自分で飲む量を決めるのはやめてください。
また飲み忘れたりしないように薬を厳重に管理しておくことが大事です。
一日事に飲む薬を袋の中に入れておくのもいいでしょう。
またプラスチックの容器に一日分単位で小分けしておくのも方法です。
お年寄りの場合には家族が管理して上げると安心でしょう。